オリジナル付箋、マイクロファイバー 製作なら

オリジナルふせん製作なら株式会社 PR39(ピーアールサンキュー)株式会社 PR39(ピーアールサンキュー)

2016 年 6 月 1 日 稼ぎ頭にしがみつく

どうも、PR39総務部部長のリンです。

 

突然ですが、みなさんゲームはやりますか?

というのも幼いころは家庭用ゲーム機(私の時代はスーファミ、プレステ)に

夢中になっていた時期がありました。

 

その頃はゲーム業界は今後もどんどん発展していって

もっと面白い家庭用ゲーム機が出てくるんだろうな~と

胸をときめかせたことを覚えています。

 

しかし15年以上の月日を経て今の現状をみてみると

家庭用ゲーム機ももちろん人気はありますが、

今の主流はみなさんも察しの通り

「スマホゲーム」となっています。

 

実際に日本で人気のスマホゲームを提供している

「パズドラのG社」、「モンストのM社」は

2014年度売り上げが1730億(G社)、1129億(M社)。

「スマホゲーム」市場がここまで発展することは

正直予想できませんでした。

 

特にM社は飛ぶ鳥を落とす勢いで

前年の121億円からやく8倍の成長をみせています。

 

多分当事者であるM社もびっくりでしょうね笑

 

しかし両者の売上げ詳細を分析してみると

ある共通点がありました。

 

それは売上げの9割以上を一つの

ゲームアプリが占めているとうことです。

 

G社は「パズドラ」、M社は「モンスト」が。

 

確かに今後もこの代表のゲームタイトルが順調に

売上を伸ばしていってくれれば将来安定でしょう。

 

しかしもしこの代表ゲームがこけた場合、

間違いなく大打撃、最悪の場合倒産となるでしょう。

 

もちろんそうならないためのリスクヘッジはしてるでしょうが、

やはりこの偏りはかなり危険だと個人的には思います。

 

そのために両社新規ゲーム開発や新規事業展開を

現在試みているようです。

 

時にリスクヘッジは利益を生むことよりも

利益になることもあります。

 

今一度、リスクを洗い出してみてはいかがでしょうか?