オリジナル付箋、マイクロファイバー 製作サイト。

オリジナルふせん製作なら株式会社 PR39(ピーアールサンキュー)株式会社 PR39(ピーアールサンキュー)

【受付時間】
平日 9:30~17:30
092-409-6039
メールでの
お問い合わせ

2016 年 12 月 13 日 久住山登山記1 (2回に分けて送ります)

第1回久住山登山

 

PR39代表の林です。

 

久しぶりの更新となります。

今年10月の話となります。

 

今年初めての久住山登山でした。

登山日は2016年10月30日

早朝4時50分に起床

 

自宅から久住山登山口まで

車で2時間半の予定

5時20分家を出発

まだ外は真っ暗

少しはだ寒い

 

小石原峠を越え大分に入り

その頃、東の空が

朝焼けで赤く少しずつ

明るくなってきました。

 

日田から九州横断高速道路

九重インターで降り

九酔景、長者原

久住山登山口まで

地震の爪痕

がけ崩れがいたる所でおき

5か所も片側通行で

信号待ちを余儀なくされました。

 

午前7時40分登山口

牧ノ戸峠(海抜1333m)に到着

しかし、すでに登山口駐車場は満車

 

DSC_0378

 

150メートル下った山道に路上駐車

車内で朝食を済ませ

8時10分出発

 

DSC_0380

 

登山口からいきなり急登。

それもコンクリートの坂と階段。

半年の間、膝がわるくて

登山ができなかった

つけが来たのか

息が苦しく、体が重くて

自分の今の体力のなさに

驚かされました。

 

沓掛山(1503m)まで着くと

山頂のふもとに展望台があり

そこから阿蘇五岳が

人が寝そべっているような

雲海の上にぽっかり浮いていました。

 

DSC_0383

 

00110001

沓掛山山頂に登ると

いきなり久住連峰の山が

見に飛び込んできます。

 

DSC_0388

 

そこから100mほど下ると

なだらかな尾根が続きます。

 

DSC_0390

 

右側の先には扇が鼻山頂

低い木々のトンネルを潜りぬけると

 

DSC_0394

 

左斜面に紅葉がまだ

落ちずに頑張って残っていました。

それでも本当にきれいです。

 

DSC_0401

 

その時、足元にピンインク色した

小さな花を見つけました。

なんとその花は「ミヤマキリシマ」でした。

6月初旬に久住連峰の

至る所に咲く高山植物です。

 

DSC_0406

 

やはり異常気象ですかね?

今年秋は雨が多く

秋を感じる日がとても少なく思います。

紅葉も色があまり鮮やかではありません。

 

そこから10分ほど登ると

扇ヶ鼻の登山標識があり

右に上ると扇ヶ鼻山頂へ

山頂付近には紅葉軍が

まだかなり広い面積で残っていました。

 

DSC_0408

 

次回をお楽しみに。