オリジナル付箋、マイクロファイバー 製作なら

オリジナルふせん製作なら株式会社 PR39(ピーアールサンキュー)株式会社 PR39(ピーアールサンキュー)

2016 年 12 月 20 日 久住山登山記2 

PR39代表の林です。

 

第2回久住山登山記です。

 

・・・

扇ヶ鼻入口からしばらく登ると

西千里浜と呼ばれる

平坦な草原地帯に入ります。

左舷には無数の湿地帯。

 

DSC_0452

 

その上にそびえ立つ

外輪山は星生山

 

DSC_0413

 

広々とした草原が

別世界に来たような

快感を与えてくれます。

ここはまさしくハイキングです。

 

DSC_0414

 

草原を抜ける手前に

左は久住山と右の山の谷間に雲海が。

近くに歩いていた女性が

「悲鳴」のような感嘆の声が

聞こえてきました。

 

DSC_0416

 

単調だった登山道が岩場へ変わり

頭上には荒々しい岩山

そのふもとを登りきると

小さな運動場程度の広場が見えます。

そこには避難所とトイレがあります。

右には久住山がどんとそびえ立っています。

 

DSC_0419

 

DSC_0420

 

避難所から100mほど登ると

「久住別れ」に着きます。

 

DSC_0422

 

DSC_0424

 

左へ下ると北千里浜、すがもり越

山男がこよなく愛す

坊ガツル(芹洋子の「坊ガツル讃歌」https://www.youtube.com/watch?v=SMif4N9EZuI

日本で一番高い場所にある

法華院温泉

 

湯けむりが上がっている所は

硫黄のガスではげ山になっています。

 

DSC_0425

 

この久住別れから

一番の難関

頂上までゴロゴロした

急な岩山を登ります。

 

 

DSC_0429

 

横からの強い風

帽子が何度も

飛んでゆきそうになりました。

ここ久住別れは

久住山有数の強風がふく場所。

やっとの思いで山頂に到着

(海抜1786.5m)

到着時間11時10分

登頂時間3時間は

十数回登ったなかで

最長時間でした。

 

00130001

 

360度大パノラマ

この爽快感は山に登ってみないと

分かりません。

山頂からの景色を堪能してください。

 

 

DSC_0431

 

DSC_0434

 

DSC_0443

 

DSC_0432

 

山頂で昼食をとり

雄大な景色を見ながら

ひと眠り。

生気を取り戻し下山。

下って行くと

うす雲がなくなり

真っ青の秋空。

 

00140003

 

最後の難関、

沓掛山から登山口までの

セメントの坂。

 

DSC_0464

 

2本のステッキを使い

小幅で、スロー歩き

痛みをこらえ

やっとの思いで登山口へ到着

下山時間2時間40分

これも最長でした。

登山靴をスリッパに履き替え

星生温泉へ直行。

 

DSC_0466

 

いつものコースです。

この温泉は

登山家たちの醍醐味の一つです。

硫黄温泉、単純温泉など

筋肉痛、関節痛などに効きます。

広々とした露天風呂から

三俣山が一望できます。

ここで登山の疲れを

癒すことが出来ます。

みなさん!

山に登ってみませんか!?