オリジナル付箋、マイクロファイバー 製作なら

オリジナルふせん製作なら株式会社 PR39(ピーアールサンキュー)株式会社 PR39(ピーアールサンキュー)

2017 年 4 月 25 日 福智山の桜

PR39代表の林です。

 

会社の前の桜も

満開からから一週間過ぎ

ほとんど花弁は落ち

若葉が覆っています。

 

4月7日に福智山に登り

代表的な桜虎尾桜の満開を

久しぶりに見ることが出来ました。

 

福智山登山口に至るまで

その裾に上野(アガノ)焼

(高取焼発祥地)の

窯蔵が点々と立ち並び

その庭には何処も

桜の木が植えられ

われ一番と言わんばかりに

白い花びらがこぼれ落ちるように

咲き誇っています。

 

DSC_1065

 

登山口の駐車場にも桜です。

 

DSC_1029

駐車場から15分ほど渓谷を登ると

杉の間伐材で作った5~6mの橋に出会います。

その手前に虎尾桜、源平桜の

立て看板が立っています。

 

DSC_1031

 

丁度その時

先に登っていた人が

愛犬を連れ渓流を渡ったのですが

写真に写っている犬は

怖くてその橋を渡ることが出来ません。

 

犬の主人は橋から10mくらい

離れた所から「大丈夫。早く来い」と

何度も呼んでいます。

犬は何度も渡ろうと挑戦しますが渡れません。

それでも主人は根気よく待たれ

犬も「決死の覚悟」で渡りきりました。

 

その光景が微笑ましくて

笑ってしまいました。

 

橋から5分ほど登ると

 

DSC_1033

DSC_1042

DSC_1044

DSC_1035

虎尾桜が期待道理に満開でした。

昨年はあいにく雨にたたり

満開を見る事ができませんでした。

虎尾桜の説明は下記の写真に添付します。

 

DSC_1192

 

目の前で見ると圧巻です。

その大きさ、高さ

花弁は小さく

普通の山桜より濃いピンク色

600年の古木なので

人間で言えばすでに

100歳を超えた老木です。

どうにか人間の手で

四方からロープをはり

辛うじて立っているように見えます。

 

虎尾桜の満開を見ると

福智山の春が来たと体感できます。

 

続きは又、来週に