オリジナル付箋、マイクロファイバー 製作なら

オリジナルふせん製作なら株式会社 PR39(ピーアールサンキュー)株式会社 PR39(ピーアールサンキュー)

2016 年 3 月 31 日 いつ売るか?今でしょ

あなたも経験あるんじゃないですか?

 

ふらっと立ち寄った洋服屋さんや
おみやげ屋さんで
店員さんにはりつかれたとき。
内心全く買う気ないのに、
「ちょっと考えてみます」
「またあとで来ます」
と言ってその場を離れる・・・。
なんてこと。

 

さらに思い出してみて下さい。

 

そのあと、
あなたはそのお店に戻りましたか?

 

戻るどころか、
お店を出た瞬間そのお店のことは
思い出に変わってしまってるんじゃ
ないでしょうか?

 

 

「遅れはセールスの死」
と言われます。

 

今この時に売れなければ、
その人は二度と買ってくれない。
という意味合いの言葉です。

 

 

先日、ある商談会に参加した時、
(自分で言うのも口はばったいですが)
バンバン契約をとりつけました。

 

その日限り有効の
強烈な特典をつけていたため、
相手は「この機会を逃すまい」と
魔法にかかったように
その場で契約していきます。

 

その中に
「持ち帰って上司に相談したいので、
特典の期限を少し延ばしてほしい」
という人が何人かいました。

 

少し思案した(ふりをした)あと、
「わかりました!
特別に明日まで延ばしましょう!」
と譲歩しました。

 

が、その後、
その人たちと契約を交わすことは
ついにありませんでした。

 

まさに、
「遅れはセールスの死」。

 

ココと決めたポイントを逃したら、
そうそう簡単にセカンドチャンスは
訪れないということです。

 

 

では「ココ」という場面での
成約率を上げるには、
何をすればいいのでしょう?

 

 

実は秘訣があります。

 

それは「3つの理由」を
相手にプレゼンすること。

 

それがきっちり伝えられれば、
相手は魔法にかかったように
あなたの提案を飲まざるをえなくなります。

 

そのプレゼンすべき「3つの理由」がこちら。

 

1、なぜあなたが買うべきなのか?
2、なぜ私から買うべきなのか?
3、なぜ今買うべきなのか?

 

あなたの営業トークを
見直してみて下さい。
そして、
この「3つの理由」が
明確に入っているか確認して下さい。

 

入ってないなら
ためしに今すぐに入れてみてください。

 

特に3つ目の「今買う理由」を
真剣に考えてみましょう。
頑張りましょう!
応援しています!