オリジナル付箋、マイクロファイバー 製作なら

オリジナルふせん製作なら株式会社 PR39(ピーアールサンキュー)株式会社 PR39(ピーアールサンキュー)

2016 年 4 月 5 日 樹齢600年の虎尾桜(江戸彼岸)

PR39 代表の林です。

 

今、春真っ盛り。

その象徴はやはり桜。

先週、福智山の標高400メートルの

谷間に勇壮と

山桜(虎尾桜)の花見に行きました。

 

その古木、山桜の種類はエドヒガン(江戸彼岸)

  • 日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バラ科の落葉高木。高さ10~20メートルになる。

樹皮は淡灰褐色で縦に割れ、小枝は細い。

葉は互生し、長楕円(ちょうだえん)形、

長さ5~10センチメートルで先はとがり

、縁に鋸歯(きょし)があり、両面と柄に毛がある。

3~4月、葉の出る前に淡紅白色、

径約3センチメートルの花が散形状に開く。

花弁は5枚あり、萼筒(がくとう)は基部が円く膨らみ、

花柄、萼、花柱の下半部に毛がある。

本州、四国、九州の山地に野生し、

朝鮮、中国大陸中部、台湾に分布する。

強健なサクラで各地に老大木が知られる。

 

しかし、残念なことに

まだ2分から3分咲き

毎年この時期に行くのですが

土日との制限や、雨などにより

満開を拝見するのは至難の業です。

 

※虎尾桜写真添付

 

 

 

 

  • ※鷹取山 山頂の水仙(後ろに見える山頂から左に少し頭を出した山が福智山です)

 

 

それでも凄い迫力です。

樹齢600年

高さ17メートル

胸高周囲3.8メートル

ピンク色が濃い

福岡県下最大のエドヒガンです。

 

 

 

日本の歴史600年前を遡ると

室町時代の応永23年

1416年関東地方で起こった

上杉禅秀の乱(うえすぎぜんしゅうのらん)

が起こった年。

 

600年の間、風雪や豪雨に耐え

生き延びたこの古木。

今でも訪れる人を

魅了する虎尾桜

私もこのように年老いても

たくましく、かがやく

人間になりたいと思います。

 

弊社の前の桜です。

弊社の前は那珂川が流れています。

福岡市都心でありながら

オアシスのような

川岸は閑静な桜並木の公園です。

この1週間ほど毎日

この桜を見ながらの贅沢な昼食でした。

 

 

 

  • ※弊社のオフイスは写真のビルの1Fです。