オリジナル付箋、マイクロファイバー 製作なら

オリジナルふせん製作なら株式会社 PR39(ピーアールサンキュー)株式会社 PR39(ピーアールサンキュー)

2016 年 7 月 4 日 批判のレビュー

博多のオフィスより
営業部長の林です。

 

 

 

よくAmazonで本を買います。

 

マーケティング、広告、ライティング、
心理学、マネジメント、自己啓発など、
仕事に使えそうなものがほとんどです。

 

この手の本は無数にあるので、
自分で選ぶことはほとんどなく、
信頼できる同業者や先輩方から
「これいいよ」
と勧められたものを買っています。

 

で、ほとんど習性的に
毎回レビューを見るんですけど、
どんな本でも批判のレビューがあります。

 

中には、
ほとんどのレビューが批判の場合もあります。

 

でも僕は、
躊躇することなく買います。

 

むしろ、批判が多いほど
読むのが楽しみになります。

 

 

そもそも僕がチョイスしている本は、
ビジネスを成功に導くための
心構え、アイデア、ノウハウを
手に入れるためのものです。

 

諸説ありますが、
起業から10年以上生き残れる会社は
10〜4%と言われています。

 

社歴10年が成功の定義とは限りませんが、
成功者というのは圧倒的に少数派です。

 

これはいつの世でも変わりません。

 

じゃあ、その成功者たちは
みんなと同じことを考えて、
平凡に毎日を過ごしながら
成功を手に入れたと思いますか?

 

そうは考えにくいですよね?

 

そう、成功者は
考え方も行動も非常識。

 

 

彼らの生き方の規範や常識は、
全く凡人とは違います。

 

美しく崇高な理念を掲げてはいるけど、
キレイごとは言わない。

 

夢や理想は果てしなく大きいけど、
目の前の現実の数字にはめちゃくちゃ細かい。

 

 

Amazonのレビューに
常識人ぶって批判をしている人は
九分九厘成功者じゃないはずです。

 

理路整然と正論を並べ立て、
「私は凡人です」
と発表してるようなものです。

 

そもそも君のモノサシ(スケール)では
この本は測れないよ。

 

「スケールが小さい」とは
よく言ったものです。

 

 

マーケティングを本気でやると、
少なからず批判はついてきます。

 

これは走れば風を受けるのと同じこと。
速く走れば走るほどその抵抗は大きくなります。

 

その時がまさに、
その他大勢の群れから
必死に抜け出そうとしている時です。

 

もっともらしい批判に
立ち止まっている暇があったら、
非常識な成功者の声に
耳を傾けましょう。