オリジナル付箋、マイクロファイバー 製作サイト。

オリジナルふせん製作なら株式会社 PR39(ピーアールサンキュー)株式会社 PR39(ピーアールサンキュー)

【受付時間】
平日 9:30~17:30
092-409-6039
メールでの
お問い合わせ

2016 年 9 月 27 日 3ヶ月ぶりの登山

PR39代表の林です。

 

「暑さ寒さも彼岸まで」

3ヶ月ぶりに登山に行く途中

運転席から田んぼの畦に

真っ赤に咲いている彼岸花が

四方八方に見えました。

その時、道路の脇になんと白い彼岸花が

咲いているのを見つけました。

突然変異でしょうか?

私は白い彼岸花を初めてみました。

何か良い事が起こるかも?

秋を感じる昨今です。

 

 

DSC_0216

DSC_0218

DSC_0219

 

先週の連休の時に買った

新しい登山靴とグリップ(杖)をたずさえ

3ヶ月ぶりの登山

まだ両足の膝が完治していいない中

不安でしたが挑戦する事にしました。

 

 

DSC_0221

DSC_0222

 

 

新品の登山靴は普通の靴より

1.5センチ少し大き目

それは山道を長い時間歩くと

足が膨張し特に下り道の時

足のつま先が靴の先端にあたり

痛くて歩けなくなります。

靴下も厚く丈夫なものです。

ですから1センチ~1.5センチ

普段はている靴サイズよりも

大きいサイズを選びます。

 

登山口に到着し靴を履いたら

やはり自分の足になじみません。

普段は900メートル(福智山)の頂上まで

平均1時間20分から30分で登ります。

膝の状態が良くない為

600メートルの鷹取山に変更

膝の痛みをこらえながら

一歩一歩ゆっくりのぼり

通常より1.5倍の時間がかかり

やっと頂上につきました。

今日は久しぶりに気温も

山頂で25度、湿度75%

汗が滝のように流れました。

 

 

DSC_0196

 

あいにく雲って

景色がぼんやりとしか見えませんでした。

 

 

DSC_0198

 

 

「行きはよいよい帰りは恐い」

山は登るときの辛さよりも

下るときの方が危険で

特に膝が「笑う」と言います。

その意味は膝の靭帯がゆるみ

痛みと同時に分張りがきかなくなります。

この様な時にケガや事故が

起こりやすくなります。

まだ完治していない膝の

痛みをこらえながら

2本のグリップで支え降りて行きました。

 

秋の長雨の影響でしょうか

名前もしらないキノコが

いたる所にはえていました。

大きい物で傘の幅が17~18センチ

茶色、白色、黄色のキノコや

傘の表面がイガイガだったり

赤松林にさしかかったとき

もしかしたら松茸があるかも?

わけの分からないキノコばかりで

収穫ゼロ

 

DSC_0201

DSC_0214

DSC_0213

DSC_0212

DSC_0211

DSC_0210

DSC_0208

DSC_0207

DSC_0203

 

 

下りはやはり膝にこたえました。

通常の2倍程度の時間がかかりましたが

それでも無事に下山する事が出来ました。

10月末には膝を完治して

久住の紅葉登山が叶うよう

願っています。