オリジナル付箋、マイクロファイバー 製作サイト。

オリジナルふせん製作なら株式会社 PR39(ピーアールサンキュー)株式会社 PR39(ピーアールサンキュー)

【受付時間】
平日 9:30~17:30
092-409-6039
メールでの
お問い合わせ

2018 年 10 月 29 日 天空の大庭園

「天空の大庭園」

 

PR39代表の林です。

待ちに待った紅葉の季節です。

九州の屋根、くじゅう連山の中でも

大船山は紅葉の名所。

 

大船山は大分県竹田市の

北東部に位置する

標高1,786mの山です。

船が転覆したように見える

山容がその名の由来。

坊がつるを挟んで西側にある

久住山や九州最高峰の中岳と並び、

九州の屋根たる九重連峰の

主要な峰の一つです。

 

登山口から大船山の往復

走行距離16キロ

時間にして約8時間。

 

10月20日午前5時家を出発。

2時間半をかけ長者原の登山口へ。

到着した時、雨はあがっていましたが

山にはガスが掛かっていました。

DSC_0189

長者原の登山口駐車場

 

7時30分に長者原に到着。

登山靴に履き換え

トイレで用を足し8時頃出発。

 

登山口からすぐガスがかかった

三俣山を眺めながら

タデ湿原の木道を歩いていきます。

200メートルほど行くと

ちらほら紅葉した原生林へ。

 

1時間ほど登ると雨ヶ池に到着。

雨ヶ池の由来はこの辺りは湿地帯で

雨が降ると池が出来るので

その様な名前を付けたそうです。

あいにくまだガスがかかり

右手にそびえ立っている

三俣山が見えません。

DSC_0192

雨ヶ池

 

雨ヶ池から坊がつるまで

緩やかな下り坂になっています。

雨ヶ池の峠から

坊がつるのすすきの絨毯は見えたけど

その後ろにそびえ立っている

大船山がやはり見えません。

DSC_0194

ガスで大船山が見えない。手前が坊がつる

 

坊がつるのすすきの平原を

歩いていると

何かしら懐かしい気持ち、

穏やかな気持ちになります。

 

人間はずっとむかしに

こんな平原で自由に飛び回って

いたのではないかと錯覚するような

思いに浸ってしまいます。

 

坊がつるには炊事場やトイレなど

キャンプする最低限度の

施設が整っています。

DSC_0279

坊がつるキャンプ場(下山時の写真で快晴)

 

10個前後のテントが張られていました。

30年前、長女8才と長男6才を

連れてキャンプをした事がありました。

ここから見上げる夜空は

宝石をちりばめたような

美しい星空を見る事が出来ます。

 

坊がつるから大船山

山頂まで約2時間、

うき石がゴロゴロして滑りやすく

傾斜もどんどんきつくなります。

汗が噴き出て喉も乾き

持参したスポーツドリンクも

みるみる内に飲みほしてしまします。

 

1時間半ほど登ると

やっと段原の峠に到着

ここからは大船山の頂が

目前に広がり

坊がつるやくじゅうの連峰が

見渡せます。

DSC_0206

段原の峠から大船山を望む

DSC_0209

段原の峠からくじゅう連山

 

段原から大船山の山頂を目指します。

30分ほど登りますが

ここからがさらに急坂で

大きな岩をへばりつきながら

登ってゆきます。

 

山頂を目指して登ってゆくほど

天気が良くなり

ガスで隠れていた山々が

徐々にその勇壮を現してきました。

 

やっとの思いで山頂に12時頃到着

山頂で見渡すと大船山を中心に

360度くじゅう連山には

雲ひとつない晴天に恵まれました。

山の天気は一瞬にして変わります。

この瞬間とばかりスマホで

数十枚の写真を撮りました。

DSC_0253

真ん中のうすく尖った山は由布岳

 

DSC_0223

雲の下に人が仰向けに寝ている山に見える山は 阿蘇山

 

DSC_0214

北大船山の見事な紅葉

 

DSC_0228

西側の紅葉

 

山頂は100人以上の登山客で

ごった返しの大渋滞。

座って昼食をとる場所も無く

山頂から南側にある

御池で食事を取る事にしました。

DSC_0233

山頂から見下ろした「天空の大庭園」御池

天然が創作した景勝地、

御池の紅葉は

天空の「大庭園」

その美しさは登山客の心を魅了し

虜にしてしまいます。

DSC_0246

御池のほとり1

 

私は大船山に登ったのは

4回目ですが

こんな晴天に恵まれ

最高の紅葉に巡り合えたのは

初めてです。

DSC_0245

御池のほとり2

 

この感動は何時間も掛け

険しい山道を息を切らしながら

汗を流し歩いた

登山客だけがあじわう事の出来る

醍醐味です。

DSC_0251

御池のほとり3

 

その天空の「大庭園」での

弁当は梅干しと鮭入りの

おにぎりとゆで卵、

ちくわに少々のおかず。

デザートにバナナとミカン。

DSC_0252

御池のほとり4

この質素なものでも山で食べると

山海珍味に勝る美味しさです。

 

「秋の日のつるべ落とし」

秋は瞬く間に日が落ちます。

早めの下山が求められます。

DSC_0273

坊がつるで見つけた可憐なリンドウ

DSC_0310

雨ヶ池手前の紅葉

DSC_0319

雨ヶ池から長者原への下山中1

DSC_0323

雨ヶ池から長者原への下山中2

DSC_0325

雨ヶ池から長者原への下山中3

DSC_0333

タデ湿原のススキ1

DSC_0328

タデ湿原から望む三俣山

DSC_0327

タデ湿原の夕暮れ

 

下山は午後は晴天に恵まれ

くじゅう連山の山々の紅葉や

坊がつるの金色のすすきなどの

写真を取りとりながら

約3時間半をかけ16時半に

無事長者原登山口駐車場に

たどり着きました。

 

追伸

大船山登山の醍醐味を

少しでもあじわう事が出来ましたか?

それは実体験しなければ

不可能でしょう!