オリジナル付箋、マイクロファイバー 製作なら

オリジナルふせん製作なら株式会社 PR39(ピーアールサンキュー)株式会社 PR39(ピーアールサンキュー)

2015 年 7 月 2 日 デジタルサンキュー

博多駅のプロントより

おはようございます!

PR39の林です。

・直角二等辺三角形の3辺の比率は1:1:√2

・円周の長さは、2×π×半径

√2=1.41421356…

π=3.141592653…

どちらも、いつまでもどこまでも割り切れない数字です。

でも世の中には、

直角二等辺三角形も、円も、確かに存在しています。

地球の円周に至ってはピッタリ4万km。

どこで折り合いがついているのか・・・。

考え出すと夜も眠れません。

そして昼眠いです。

くだらないことに巻き込んですみません。

こんな話がしたかったんじゃありません。

アナログとデジタルの違いを言いたかったんです。

√2やπはデジタル的思考で、

本来どこまでも続く数字を記号化して、

コンパクトにまとめてくれています。

ほかにもたくさんあります。

ドレミの音階しかり。

七色の虹しかり。

本来境目の無いものをどこかの誰かが、

思い切ってスパスパ区切ってくれたおかげで、

思考も行動も整理することができています。

最近、あるミーティングで

「ふせんって、なかなかデジタルだなぁ」

とふと思いました。

使ってる人、結構多いと思いますが、

PR39では、

ブレーンストーミングで

ふせんを使います。

例えば「商品名」を考えるミーティングだったら、

参加者全員にふせんを配り、

1枚に1案ずつ書いて、ホワイトボードに貼っていく。

とにかく、頭に浮かんだものを手当たり次第書いて貼っていく。

ホワイトボードは、

とっ散らかった単語の切れ端で埋め尽くされていきます。

ひと通り出尽くしたら、こんどはそれらをカテゴライズして、

グループ分けしていきます。

例えば、

「カワイイ系」「カッコいい系」「おもしろ系」「真面目系」

など。

または、

縦横に十字に線を引いて、

横軸は「女性的⇔男性的」。

縦軸は「普段使い⇔高級品」。

といったマトリックスに当てはめていったりもします。

とっ散らかった情報が、

系統だった情報にまとまられ、

サクサク絞り込めます。

進んでいくうちに、

「さっきのボツ案と組み合わせてみたらどうだろう?」

という案が出ても、一度はがしたボツ案をまた貼るだけで、

すぐ復活させられます。

これらの作業をふせん無しで行うと、

次々でてくるアイデアを書記の人がホワイトボードに書きまくり、

ノートに板書してから、いったんホワイトボードの文字を消し、

グループ分けした中にまた書き込み、ボツ案は消したまま忘れ去られ。。。

とにかく膨大な情報量を処理しきれずに、

「あれだけ話し合ってそれ?」みたいな商品名になりかねません。

ふせんは超デジタルな、情報処理能力の高い消耗品です。

なんか煽ってるみたいで嫌ですが、

使うべき時には、惜しみなく使うことをオススメします。

追伸.

煽りついでに付け加えると、

ミーティングで使う場合は、

なるべく面の大きいふせんがおすすめです!

(みんなが見やすいので)

奇しくも、私の会社では、そのふせん売ってますので、

実りのあるミーティングのお供がご入用の際は、

ぜひお声掛け下さい。。。

500個から製作可能な、こちらのふせんがきっと最適です。

http://www.pr39.com/detail.php?id=155

追追伸.

販促EXPOの招待券届きました?

遅くても明日ぐらいまでには届くと思いますので、

それでも手元に来ない場合は、ご一報下さい。

またコチラからも請求できますので、ご活用下さい。

https://contact.reedexpo.co.jp/expo/ISOF/?lg=jp&tp=inv&ec=SPEX