オリジナル付箋、マイクロファイバー 製作サイト。

オリジナルふせん製作なら株式会社 PR39(ピーアールサンキュー)株式会社 PR39(ピーアールサンキュー)

【受付時間】
平日 9:30~17:30
092-409-6039
メールでの
お問い合わせ

2015 年 2 月 26 日 あちゃー、、、展示会で大失敗

博多のオフィスより

こんにちは。

PR39の林です。

聞いて下さい。大失敗です!

先日、ある展示会に行ってきました。

そこには、雑貨を扱うメーカーや販売代理店などが出展していました。

主な目的は別にあったんですが、時間も余るだろうし「ものは試し」ということで、

「出展者の方々に逆営業をかましてみよう!」

ということになりました。

でもさすがに、アポなしで行ったら(皆さん、社運をかけて出展されていらっしゃるので)

「勝手になにしてくれてんの?」てなって、ちょっともめたりするかなぁ・・・と思ったので、

事前に出展者にテレアポしてみることにしました。

ダメだったらやめとこうというスタンスで・・・

「PR39と申しますが」

「どういったご用件でしょうか?」

「来週の展示会にご出展されるということで、お電話差し上げました」

「確かに出展しますが、何か?」

「実は弊社、ノベルティを扱っていて・・・・・なんです。そこで、厚かましいんですが、当日少しでもお時間を頂けないでしょうか?」

「ああ、いいですよ」

「・・・えっ、いいんですか!?」

「でも多分忙しいので、手が空いてたら、になると思いますけど」

「結構です。なるべくタイミングを見計らって訪問させていただきます。よろしくお願いします」

と、意外にもトントン拍子で35社に電話して面談OKが26社。

「いや~、やってみるもんだね~」なんて言いながら意気揚々と会場に向かいました。

会場は大盛況で、熱気ムンムン。

一通り見渡し、目的を終え、「さあ行ってみるか」ということで、

アポを取っていたブースへ。

手が空いてそうなタイミングを見計らって声をかけます。

「こんにちは、初めまして。PR39の林です」

「こんにちは」

「お電話でお話しさせて頂いておりました件で・・・」

「え?」

「◯◯様とお約束していたんですが」

「ああ、◯◯は今日は来ませんが」

「・・・えっと、あれ?予定が変わったんですかね?」

「いや、最初から来る予定はないですよ」

「そうなんですか・・・」

「ご用件は?」

「あの、ノベルティの件で・・・」

「ああ、ちょっと今、手が離せないので、資料だけ置いといてもらっていいですか?」

・・・まぁまぁまぁ、そーゆーこともあるわな。

気を取り直して別のブースへ。

「お電話させて頂いていたPR39の林です」

「ああ、どうもどうも」

「それでお話しの続きなんですが・・・」

「すみませんねー。今ゆっくりお話しする時間がないんですよ。資料だけ置いといて下さい」

ガーン・・・

こ、これが、今はやりの「塩対応」・・・

・アポを取った本人がいない

・手が離せない(そうは見えないけど)

ほとんどの会社はこの理由で撃沈。

「じゃあテレアポの時点で断ればいいじゃん」

とも思いました。

でも考えてみれば、電話の時と展示会当日とでは、環境が違い過ぎます。

電話では、「まあ数ある来場者の一人が話しかけてくるぐらい、どうってことないか」と思っていても、

いざ当日となると、次から次へと押し寄せてくる来場者や想定外の出来事など、瞬間瞬間が真剣勝負。

無理もないですよね。

でも、ひとつ分かったことがあります。

それは、

人は尻に火がつくまで「自分の走る方向」すら分からない。

ということ。

分かってたら、テレアポの時点でピシャリと断られていたでしょうからね。

まあ、本来の別の目的は果たせたし、今後に活かせるいい勉強になりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

PS.

ちなみに26社のうちの2社は、とても熱心にお話しを聞いて頂き、興味を持ってもらえました。

「とにかく動いてみる」ことは大切ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

PPS.

「とにかく動いてみる」を支援するマイクロファイバーPR39のサービス「フライングサンプル」。

すでに多くの方に活用して頂いています。

(少なくとも私の展示会での営業よりは結果が出るはず^^)

次回は、フライングサンプル活用術をシェアさせていただきます!

※「フライングサンプルの注文書下さい!」という声が多かったので、添付しておきます。